読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も◯◯でシアワセです~

居心地よく感じたこと、手に入れてよかったもの、ちょっと得しちゃったことなど

ディズニーランドの駐車場で車のバッテリーがあがった!でもファンタジーは終わっていなかった!

f:id:eight88hiro:20160730071134j:plainどうも、えいちゃんパパです。

今日は、ディズニーランドで本当に起きたトラブルと奇跡?の実体験の話です。

思えば事件は着いた直後から起きていた!
ディズニーランドには、明け方5時過ぎに到着しました。そして荷物整理のため車内のルームライトを点けました。まだ薄暗かったからです。やがてあたりが明るくなるとルームライトのことなどすっかり忘れて車をあとにしました。

f:id:eight88hiro:20160730071348j:plain
シアワセ気分から一気に絶望感へ
1日たっぷりディズニーランドを楽しんだあと、自分の車に戻りエンジンを掛けました。
シーン。
静寂。
…。
なぬ!?
嘘だろ?…ほッ※#☆オェ?

あなたならこんな時どうします?
JAFを呼びますか?
自動車保険のロードサービス?
近くのガソリンスタンドまで歩きます?
f:id:eight88hiro:20160801081836j:plain

意外な人が救世主!
急なトラブルに弱い僕は…、その辺の人を捕まえました笑。駐車場の若い警備員(仮名A)さんです。
僕「あの、車のバッテリーがあがってエンジンが動かないんです」
Aさん「分かりました」
そしてAさんはどこかに電話。
Aさん「大丈夫です。もう1人来ますから」
僕(もう1人?警備員さんが??ん???)

およそ3分が経過。
遠くから小さな白い軽ワゴン車がゆっくり近づいてきました。
中からやっぱり警備員(仮名B)さんが出てきました。(Aさんより年配で小さいオジサン)

僕「この車です」
すると、Bさんは
「ここはねぇ、マホーの国だよぉー」
え?…ん?マホー?
Bさん「マホーがまだ続いてるといいねぇー、今日はどうかなぁー?」
あ、『魔法』のことね、大丈夫かな…。
Bさんが車からノートパソコンくらいの大きさの箱の機材(?)を取り出しました。
「こんな小っちゃいモンじゃ頼りないかぁーい?」
うん、本当は心配です、とっても。
Bさんは赤黒の2本ケーブルで機材と僕の車を繋ぎました。
「今からマホーかけるからねぇー」
オジサンごめん、今冗談言う余裕ないんです…。
Bさん「ハイッ、じゃエンジン回してみてぇー」
僕「…はい」
半信半疑のままエンジンを回してみると…
おぉ!?
頼もしいエンジンの回転音がします!
直りました、直ってます。
こんなに早く復旧するとは、さすが魔法の国ディズニーランドです。
ありがとう、わが救世主、マホーオジサン!ファンタジーはこの駐車場でも終わっていませんでした。


f:id:eight88hiro:20160730072657j:plain

最後まで夢を見させてくれました

Bさん「よかったねぇ、まだマホー残ってたねぇー。30分から1時間はエンジン切っちゃダメだよぉー」
僕「はい、ありがとうございました」
本当に助かりました。
そしてBさんは、作業を終えると車に乗り込み去っていきました。
そうなんです、無料なんです。
魔法には、お金がかかりませんでした。
ちゃんとBさんが帰る前に聞いたのですが、
お金はいただきません、とのことでした。
最後の最後までさすがディズニーランドでした。


f:id:eight88hiro:20160730072545j:plain
結果的には
トラブル発生から復旧まで15分足らずの出来事でした。僕が数分間焦っただけで不愉快な思い出になることもなく、ますますディズニーランドが好きになりました。
そしてBさんにも大変感謝しています。お世話になりました。ありがとうございました。

以上、えいちゃんパパでした。

【じゃらん】東京ディズニーリゾート オフィシャルホテルを予約OK!