読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本日も◯◯でシアワセです~

居心地よく感じたこと、手に入れてよかったもの、ちょっと得しちゃったことなど

日本製ホットサンドメーカーのおすすめ品の比較レビュー(厳選オシャレベーカーもあります!)

我が家で買いました

f:id:eight88hiro:20170213234059j:plain

どうも、こんにちは。えいちゃんパパです。

今回ご紹介するのは、ホットサンドメーカーです。

壊れたので買い替えです。
我が家としては四代目の購入になります。

  • 一代目 無名の1200円くらいのもの
  • 二代目 ヤマゼン製
  • 三代目 テスコム製
  • 四代目 アイリスオーヤマ製

ホットサンドメーカーとの付き合いは結構長くて、通年で約15年くらいです。
なので、自分で言うのもなんですが、商品選びにはわりと自信があります。
ホットサンドだけでなく、ワッフルなんかも作ってます!

f:id:eight88hiro:20170216075850j:image

 

さて、購入にあたり、以下の選定条件で選びました。

  • 電気で使えるもの
  • 日本製、または人気ブランド
  • 価格は2000円~6000円くらい
  • プレートが着脱できる
  • 付属のプレートあり
  • デザイン性

商品によっては、まだいくつか選定ポイントがあります。
詳しくは、以下の記事をご覧くださいね。

f:id:eight88hiro:20170219230315j:plain

今回は、しっかり商品を調べてから購入したので、いい買い物ができました。

しかも安く!あとで、どこで買ったかも書いておきます!

ここからは選び方のポイントを書きますね。おすすめ商品もあります!

 


ガスより電気がおすすめ!

f:id:eight88hiro:20170219225430j:plain

我が家はずっと電気タイプのものです。
食材を挟めば、2分くらいで焼き上がります。
火加減などを見る必要がなく、ほっとけばいいので、忙しい朝などにはこの手軽さがとても重宝します。
だんぜん電気タイプをおすすめします。

ただ、焼き上がりのカリカリ感にこだわりがある人にはガスの方がいいかもしれませんね。 f:id:eight88hiro:20170219225708j:plain

 

プレートの着脱と付属品

調理すれば必ず汚れます。
洗う時のことを考えるとプレートの着脱は、僕にとっては必須条件です。
一代目が取り外しができないタイプでしたが、洗う時に重い本体の水を切ったり、ひっくり返したり、電気コードが濡れたりするのが本当にイヤでした。
また、付属プレートも我が家ではマストアイテムです。
ホットサンドは食事用ですが、ワッフルやドーナツはおやつ用です!
付属プレートは、以下の2つがだいたい付いてます。

●ホットサンド用
●ワッフル用

 

上記の他にも

●ドーナツ用
●パニーニ用
●たい焼き用
●焼おにぎり用

などが付属されているものもあります。

 

焼けるホットサンドなどの数

一人暮らしじゃない限り1度に2つ焼けるものがいいです。
2つというのは、耳を切り落としたサンドイッチ用のパンが2枚同時に調理できるという意味です。
また、ホットサンドはたいてい三角形に仕上がります。上下のホットサンドプレートには外周だけでなく斜めにもふち取りがあり、それでプレスされるためです。
そのため実は具材があまり挟めません。


Vitantonio ホットサンドプレート 2枚組 PVWH-10-HT


具材をたっぷり挟み込みたい方には、斜めのふち取りのない四角形に仕上がるものもあります。

Vitantonio スクエアホットサンドプレート 2枚組 《 VWH-10-SH 》 焼き型 プレート

 

タイマー機能

 

f:id:eight88hiro:20170219010000p:plain

テスコム製のみタイマーが付いてます。

ウチの三代目がテスコム製でしたが、タイマー機能は実はあまり使いませんでした。
焼き上がりまで約2分くらいなので、タイマーに頼るまでもないです。

 

国産のおすすめ製造メーカー

 

ヤマゼン

  

テスコム          アイリスオーヤマ

名の通った日本メーカーのうち、価格と品質のバランスがいいのはヤマゼン、テスコム、アイリスオーヤマです。迷ったらこの3つのなかから選べば、まず間違いありません。
今回の購入で、我が家はこの3大メーカーのすべてを購入したことになります。

山善(YAMAZEN)
特徴とおすすめポイント
電源スイッチ タイマー タテ置き収納 電源ケーブル収納 付属プレート 180度開閉 他の色
 ◯   ×   ◯    × 2枚 ◯※ ×


こちらは見た目も機能もシンプルです。
ルックスは一番好き。
うちでは二代目がこれでした。
電源スイッチがあるだけです。 5年くらいかな?週に2~3回使ってました。

買い替え理由は、

 

●プレートがパンとくっつくようになってきたこと
●本体の汚れも取りにくくなってきたこと
  (時々、具材をこぼして、本体内部に垂れて焦げたりしてたので…笑)

 

です。

くっつき以外は不満箇所はありませんでした。

もちろん購入時はくっつきもなくキレイなままでしたよ。
今思えば、熱いプレートを冷水にすぐに漬けたり、食洗機で洗ってたのがまずかったですね、きっと笑。ずいぶん雑に扱ってたものです。よく5年も持ち堪えてくれました。
フタのロックはキツめ。締めた感があります。
ヤマゼン製には180度フルオープンになるものがあります。ふつうは90度くらいまでしか開きません。
ですので、開けたままでも本体が不安定になることはないですし、プレートの着脱やお掃除・お手入れもしやすいです。

なお、ロック部分まで完全にホワイトで統一されたデザインはこちらです。
ただし、現行モデルではなさそうですが、最新にこだわるような家電製品でもないと思います。機能もレベルアップしてるわけじゃないので、自分の気に入ったデザインの方がいいですね。

 

 

テスコム(TESCOM)
特徴とおすすめポイント
電源スイッチ タイマー タテ置き収納 電源コード収納 付属プレート 180度開閉 他の色
3枚 × ×

電気コードも本体裏側に巻きつけて収納可能です。 
無敵です!死角なしです。
でもタイマー機能などの電源周りの構造がシンプルじゃないからでしょうか、使用期間が4年程度で電源が入らなくなりました。
ちょっと短いですが、かなり頻繁に使っていましたのでまあ仕方ないと割り切ってます。
なお、フタのロックは緩めなので、具材は多くても挟めます。ただ溢れないようにご注意くださいね。洗うの大変ですから笑。

また、HSM530はレッドのみです。
残念ながらホワイトは前モデルHSM520で終了したようです。
在庫限りですので、見つかればラッキー。 

 

アイリスオーヤマ
特徴とおすすめポイント
電源スイッチ タイマー タテ置き収納 電源コード収納 付属プレート 180度開閉 他の色
× × 4枚 × ×

今回はこちらを購入しました。決め手となったのは、3つです。

  • 価格がお手ごろ
  • なのに豊富な付属プレート4種! 
  • 他のメーカーを使ってみたかった


また、この値段でプレート4種類も付いてくるなんて、とてもお得です。

早速ホットサンドを作ってみましたので、先代のテスコム製(HSM520)と比べながら使用感をレビューしますね。

現行モデル(HSM530)とそれほど違いはないので、参考になると思います。 

f:id:eight88hiro:20170215160106j:plain

写真左側が今回購入のアイリスオーヤマ製右側がテスコム製です。

気になるところを書いてみます。


●プレートの脱着

アイリスオーヤマ製のプレートはダブルフック固定。
プレート1枚につき2つのスライドボタンを同時に動かさないとフックが外れません。(グレーの四角ボタンが上下2個ずつ、計4個)

f:id:eight88hiro:20170215160309j:plain

新品だからでしょうか、ボタンがやや堅いです。
上のプレートはボタンを動かすと一気に手前に外れるので初めて外す時はびっくりします。

 

テスコム製はシングルフック固定。
プレート一枚につき、グレーの丸いボタンを1つ押すだけ。

こちらの方が簡単です。

f:id:eight88hiro:20170215161217j:plain

押しながらプレート側面の持ち手を持ち上げれば外れます。
楽ちんです。

 

●電源ONの表示ランプ

アイリスオーヤマ製は、本体手前の側面に2つあります。
赤と緑。

f:id:eight88hiro:20170215161858j:plain

目線からはちょっと見づらいかな?

  • 左の赤ランプ 電源ON時に常灯。
  • 右の緑ランプ 加熱中の時だけ。

緑のランプは、調理可能な温度に到達したら消え、いったん加熱停止。
プレートが冷えてきたら再び加熱を開始し、緑のランプが光ります。

 

テスコム製は、本体上部にオレンジのランプが1つ。
タイマーのスイッチをひねると光ります。

f:id:eight88hiro:20170215162533j:plain

ランプが見やすい位置にあるので、通電しているかがすぐに目で確認できます。
このひねるスイッチは、電源スイッチも兼ねています。
つまりこのスイッチをひねらないと加熱されません。

要するに、

目盛りが0分=電源オフ

ってことです。

ですので電源の切り忘れはありません。
安全性は高いです。
安全性を求める方はこれで決まり!です。
このテスコム製以外にタイマー機能はほどんどありませんので。

なお、0分になると、「チン!」と音が鳴ります。
とても古風で元気な音です笑。よくあるトースターの「チン!」と同じ音です。

 

●焼き加減

 特に違いはないです。本当です。
調理時間もどちらも約2分、カリカリ具合も変わりません。
挟める具材の量も同じ。 挟んでフタして、2分でハイ出来上がり。


アイリスオーヤマ製はまったく音がしません。
シーン。

でもこの製品、黙っててもいいシゴトしてくれますよ笑。
今回の付属プレートのうち、パニーニ用のプレートはまだ未体験プレートなのでとても楽しみです。


テスコム製の方は焼いてる間、タイマー音が小さいですがジリリと聞こえます。
この音もよくあるトースターと同じ音。あのゼンマイが巻き戻るような音です。

●実はアイリスオーヤマ公式サイトで購入しました!

いつもはAmazonや楽天市場で買うのですが、実はアイリスオーヤマの公式サイトで買いました。
理由は、
●Amazonより安かった
●さらに無料会員になると5%オフ
●独自ポイントやクーポンもある
●キャンペーンをやっていた

です。

日用品や食品、文具、ペット用品などの消耗品もあるのでポイントも無駄にはならないと思います。普段使っているものも結構たくさんありますのでご興味のある方はここの公式サイトをどうぞ。

アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】

 

デザイン性

オシャレなもの、意外とあります。想像以上にオシャレです。
本体そのものがまずオシャレ。
シックでメタリックなシルバーや可愛いカラーもあります。
あとワッフルの仕上がった形がまるでカフェで出てくるような完成度。
自慢したくなるレベルです。

以下の商品は、付属プレートがなかったり価格が高かったりして、上記の選定条件から外れるものもありますが(笑)、オシャレ最優先の人向けに選んで見ました!

キャラクターもの

ちょこっとご紹介だけしますね。
ミッキーマウスやスヌーピーがデザインされたものがあるんです。

ディズニーものなのにシックでクール!です!なかなかこの雰囲気は出ないですね。 

 

ホワイト以外にレッドやブラックもあります。

 

 

ちょっとサンプル画像が焦げすぎですね笑。

 

 

出来上がったものがめちゃくちゃ美味しそうです。

 

以上、えいちゃんパパでした。

本日もホットサンドメーカーでシアワセです~

 

関連記事もどうぞ

eight88hiro.hatenablog.com